« ③アンティカの侵攻(863年) | トップページ | ③ウィンダス1(~873年) »

2009年5月24日 (日)

③バストゥーク黄金時代(868年)

◆ 868年

868年はプリーン国最盛の年であった。アンティカ族(レギナ国)と一時休戦したプリーン国ドラギーユ国に侵攻、868年にはロンフォールの森までドラギーユ国を追い詰める。アンティカ族は西のタブナジア半島を占拠し、タブナジア国アンティカの侵攻に悩まされる。

868w

◆ ドラギーユ国苦難の10年

ドラギーユ国は北進するプリーン国共和軍団を防ぎきれず、866年にはフェンブルール城が陥落、各地方の在郷騎士団との兵站線を絶たれることとなる。シャドーロード軍と戦っていたミュゼルワール・B・アンシェル元帥率いる王立騎士団は北の地に孤立し、ブラドホッド国のオーク軍と挟まれ孤立無援の戦いへ、フェルドロッド・I・ルーアン率いるノルバレン騎士団はラヴォール村で完全に孤立状態となる。さらに、プリーン国ドラギーユ国皇太子イジドール・R・ドラギーユも討ち取り、王都に迫る勢いで侵攻する。亡国の危機に神殿騎士団フェブルナルド・C・ブリュノー卿が元帥に昇格、王都防衛にあたりプリーン国をなんとか撃退する。これから10年はプリーン国から王都を死守するが他に余力もなく、ドラギーユ国にとって苦難の10年となる。この少し前、ドラギーユ国宰相ペリデューク・M・ロシュフォン卿が高齢のため病死しており、宰相の座は後にブリュノー卿が宰相となるまで空席となるなど、王都には人材も乏しかった。

 黄金時代

一方のプリーン国は、アンティカ族との融和路線が成功し、背後のクゥダフ族ザ・ダ国)も撃退し後背の憂いがなくなったため、満を持してドラギーユ国に侵攻したのであった。ドラギーユ国は北と東に強大な獣人軍を控えており、戦力を分散せざるを得ない。勝敗は戦略レベルで既に決していたとも言える。プリーン国では、主にこの戦略を主張した主戦派のクララ・ベスター元帥がフェンブルール城攻略の功績により宰相に抜擢され、共和国の命運を託される。870年頃まではプリーン国は拡大の一方であり、黄金時代であった。しかし黄金時代は長くは続かない。敵は第3の方角から現れたのである。

|

« ③アンティカの侵攻(863年) | トップページ | ③ウィンダス1(~873年) »

テストプレイ③」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218204/45112899

この記事へのトラックバック一覧です: ③バストゥーク黄金時代(868年):

« ③アンティカの侵攻(863年) | トップページ | ③ウィンダス1(~873年) »